オンカジ向けの各種攻略法

マーチンゲール法とオンラインカジノ

「マーチンゲール法」を利用するためには、「勝率50パーセント・配当2倍」のゲームを探す必要があります。
オンラインカジノには、「ルーレット」「バカラ」「ブラックジャック」などの該当ゲームが存在するので、相性バッチリです。

マーチンゲール法の手法

「マーチンゲール法」は「ベットルール」が簡単なところにメリットがあります。
その具体的手法は「負けたら倍賭け」です。
簡単でしょう?これなら、ギャンブル初心者でも間違えずに「ベット」できます。
「システムベット」は有効なギャンブル攻略法ですが、複雑な「ベットルール」では意味がありません。
「ベットルール」の簡単な「マーチンゲール法」で「システムベット」をしっかりと身に付けましょう。

マーチンゲール法と確率

ギャンブルを理論的に攻略するためには、「確率の数値」を熟知しなくてはなりません。
「勝率50パーセント」ゲームにおける「負けの確率」はいくらでしょうか?「そんなの簡単です!」。
そうです。
当たり前ですが「50パーセント」となります。
では、連敗する確率はいくらでしょう?これも簡単です。
2連敗が「25パーセント」、3連敗が「12.5パーセント」、4連敗が「6.25パーセント」、5連敗が「3.13パーセント」となります。
これぐらいは記憶してください。
5連敗を喫してしまう確率は100回の勝負で3回程度です。
この数値をどう見るかによって「マーチンゲール法」の活用が変わってきます。

マーチンゲール法の応用

「マーチンゲール法」は想像以上の連敗を喫してしまうと、急激にベット額が高騰します。
そのため、軍資金を十分に用意できなければ危険な攻略法となってしまうのです。
自分なりの改良を加えて、安全に攻略法を活用したいです。
先ほどの確率を確認しましょう。
「5連敗」を区切りにすれば、バランスの取れた手法になると思いませんか?「1ドル」から始めて、「5連敗」した場合の損金は「31ドル」です。
「マーチンゲール法」が成功した場合に得ることのできる金額は「1ドル」です。
「5連敗」する確率は100回の勝負で3回程度ですから、97回は上手くいくと考えればバランスが良いと考えられませんか?ギャンブル初心者は、ぜひ一度「マーチンゲール法の応用版」をお試しになってください!

オススメのパーレイ法

「ベッティングシステム」とは、戦略に則って(のっとって)「ベット額」を導くものです。
「直感」に頼って「ベット額」を決定していたのでは、資金を早く減らしてしまいかねません。
ギャンブルで「安定的な勝ち」をめざすためには、資金の「マネージメント」が大切です。
そのための手法として、さまざまな「ベッティングシステム」が考案されました。
代表的な「ベッティングシステム」は「マーチンゲール法」です。
この手法による「ベットルール」は負けたら倍賭けです。
「ベットルール」がシンプルですから、初心者にオススメされています。
しかし、「マーチンゲール法」は「ハイリスク・ローリターン」であり、「大きな勝ち」をめざすには向かないのです。

今回紹介したい手法は「パーレイ法」となります。
この手法は「ハイリスク・ハイリターン」であり、「超攻撃的」と考えて下さい。
もちろん、アレンジを加えれば「ハイリスク」を「ミドルリスク」に下げることが可能です。

パーレイ法のやりかた

パーレイ法のやりかた
「パーレイ法」は、別名「逆マーチンゲール法」と呼ばれています。
「マーチンゲール法」が負けたら倍賭けなのに対して、「パーレイ法」は勝ったら倍賭けです。
正確には、勝った場合に「勝利金のすべて」を次の「ベット額」とする手法となります。

そのため、「3倍配当ゲーム」で活用すれば、さらなる爆発力を有することになるのです。
例を挙げましょう。
「1ドル」から始めて7連勝したならば、「2187ドル」となります。
ものすごい金額だと思いませんか?

ただし、「3倍配当のゲーム」では勝率が「約33パーセント」ですから、7連勝できる確率は「0.02パーセント」です。
非常に少ない確率ですから、あまり現実的ではないかもしれません。
そこで、「2倍配当ゲーム」を選ぶことと「スタートの金額」を調節することが大切です。
資金に余裕があるならば、「少々大きな金額」から始めてはいかがでしょうか?

パーレイ法の注意点

「パーレイ法」で注意しなければならないのは、連勝に対する「やめどき」です。
「1回の負け」で「勝ち分」を失いますから、欲張ってしまうと「勝ち」をつかめません。
しかし、「一獲千金」が魅力の「パーレイ法」です。
やはり「2倍配当ゲーム」でも「4連勝・5連勝」をめざしたいです。
「スタートの金額」と合わせて「マイルール」を確立させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です