賭け金の暴騰を招きかねない攻略法

マーチンゲール法は、ギャンブルに於ける基本とさえ囁かれているベット術です。
もちろんオンラインカジノでも活用できるもので、覚えておいて損はありません。

オンラインカジノをはじめ、どのギャンブルに於いてもどのようにベットするかは各々自由です。
その時の気分でベット額を決めるのは何らおかしなことではありませんし、誰かからあれこれ言われるようなことでもありません。

一方で、「勝負は時の運」という言葉もありますが、特にオンラインカジノは公平性に優れているものです。
ライセンス制度や、第三者からのチェックまで受けていますので、まさに勝敗は「運次第」です。
そのため、あまりベットしていない時に限って勝利したり、逆に大きな勝負に出て高額ベットを仕掛けた時に限って負けてしまう、と言った経験をお持ちのプレイヤーは珍しくはないでしょう。

そのため、ゲームそのものにはそれなりに勝利しているものの、軍資金が減っているというケースもあるのではないでしょうか。
そのようなプレイヤーにとってこそ、ベット術は大きな意味を持つものです。
その中でもマーチンゲール法は、基本的なベット術でもあり、かつ初心者でも試しやすいベット術として知られています。

マーチンゲール法の手順

マーチンゲール法は主にイーブンベット、2分の1の勝率のゲームにて行うものです。
負けた際、次のゲームで負けた額を加算したベット額にする。
これの繰り返しのシンプルなものですが、一度勝利することでそれまでの敗北を帳消しにすることができる手法です。

リスクを抑えられる手法として広く親しまれていると共に、多くのベット術がマーチンゲール法から派生していますので、マーチンゲール法を覚えることで他のベット術への理解も高まります。
負け続ける限り、倍ベットしていくだけでのシンプルなもので、勝利することでカウントがゼロ、つまりはワンセット終了となるシンプルなものです。

イーブンベットの場合、勝率は50%になりますので、仮にどちらか一方に賭け続けたとしてもいずれは当たることでしょう。
そのため、マーチンゲール法は「いずれは敗北をカバーできる」手法です。
初心者はもちろんですが、上級者であっても展開次第では上手く活用できる手法とあって、初心者から上級者まで幅広く活用されているベット術です。

マーチンゲール法の2つの注意点

マーチンゲール法は初心者から上級者まで幅広く活用できるベット術ですが、注意点が2つあります。

まずは軍資金。
この点はどのベット術でも同様ではありますが、マーチンゲール法の場合、負けたら倍ベットしていくことになりますので、仮にですが勝率5割のイーブンベットであっても、負けが続くケースも考えられます
なかなか勝利を掴めずに敗北が連続していくと、自分自身の軍資金が枯渇してしまう可能性もあります。
仮にですが、勝利の前に軍資金が枯渇してしまった場合、敗北分の回収がままならないだけではなく、マイナスになってしまいます。

また、もう一つ気を付けるべきはテーブルリミットです。
テーブルリミットとは、そのゲームに於けるベットの限度額です。

オンラインカジノに於いて普通に楽しんでいる分には、ハイローラー以外はそこまで意識するような数字ではないかと思います。
しかし、マーチンゲール法を駆使していると、ベット額が倍増していきます。
負けが続くと、ベット額がさらに増えていくのですが、軍資金の問題だけではなく、ベット額がテーブルリミットを超える場合、当然ですがテーブルリミット以上のベットはできませんので微妙に計算式が変わります。

テーブルリミットまでしかベットできないため、ベット額が変わってしまったがために勝利したものの、完全に回収することができない…といったシチュエーションも考えられます。

但し、これらの注意点は双方とも「なかなか勝てない場合」です。
マーチンゲール法は基本的にイーブンベットのゲームに活用するものですので、勝率は2分の1です。
いわば「勝つか負けるか」の二択のゲームにて活用するものですが、2択のゲームで負け続ける可能性は低いです。
そのため、これらの注意点に実際に遭遇するシチュエーションは可能性としては低いことが予想されます。

とはいえ、オンラインカジノはギャンブルです。
二択のゲームで負け続ける可能性も決してゼロではありませんので、その点は最低限理解した上でマーチンゲール法を実践しましょう。

まとめ

マーチンゲール法はとてもシンプルではありますが、敗北を回収できるベット術です。
初心者はもちろんですが、上級者でも活用していることからも分かるようにとても有意義なベット術になりますし、何よりマーチンゲール法から派生したベット術も数多くあることから、覚えておいて損はありません。

オンラインカジノに於いて勝率が安定しない、敗北分を上手く回収できないなと思っているプレイヤーは、一度マーチンゲール法を実践してみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です